世界のお金持ちは何に投資をしているか〜最新経済ニュース〜

日本では資産をたくさん持っている人のことを「お金持ち」と一言で表現するここも多いのではないだろうか。
「お金持ち」いかにして「お金持ち」になったのかも気になるところだが、一方でそうしたお金持ちがどのような資産に投資をしているのか気になる点だ。
今回は世界のお金持ちの「財布の中身」からがどのような資産に投資をしているのかを見ていく。

世界のお金持ちの定義とは
世界の「お金持ち」については日本ではあまり良く知られていないというのが実際ではないだろうか。
世界のお金持ちはどのような資産に投資をしているのか、今回は仏コンサルティング会社キャップジェミニの「World Welth Report 2018」を参考にしながらを見ていく。

世界では「1百万米ドル(約1億円)以上の投資資産を保有」する人たちのことをHNWI(High Net Worth Individual、ハイ・ネット・ワース・インディビジュアル)と呼んでおり、富裕層と認識してもらえればいいだろう。
ただし、この投資資産の中には個人所有の住居、コレクション(蒐集品)、消耗品、耐久消費財は含まれていない。
あくまでも金融商品など、投資可能な資産となる。

日本人の場合は自分の住む住居に投資をすることがよくあるが、そうした不動産はHNWIを定義する際に織り込む資産には含まないという点に注意が必要だ。
キャップジェミニによる同調査によると、世界のお金持ちの投資ポートフォリオの中身とは2018年第1四半期(Q1)におけるHNWIの金融資産の構成は以下の様になっている(全体を100%)。

 ・株式:31%
 ・現金及び現金同等物:27%
 ・不動産(住居を除く):17%
 ・債券:16%
 ・オルタナティブ投資:9%
構成比については、2017年Q1対比でいうと、不動産が上昇し、それ以外の資産の比率が低下する傾向となっている。
オルタナティブ投資には、ヘッジファンド、デリバティブ、外国為替、商品、プライベート・エクイティ(未上場株式)を含む。
ざっくりいえば、値上がり益を期待する株式を約3割、配当などを期待できる不動産と債券を合計して約3割、手元の流動性を意識した現金等を約3割、そして残りがオルタナティブ投資が約1割という構成でだと推測される。

日本のお金持ちは何に投資をしているのか
一方で、日本のHNWIは何に投資をしているのだろうか。

 ・株式:30%
 ・現金及び現金同等物:45%
 ・不動産:11%
 ・債券:10%
 ・オルタナティブ投資:5%
世界の構成比と日本のHNWIの資産の構成比を比較してみると、株式は同程度の比率ではあるが、現金などの保有比率が異常に高いという特徴が見られる。
日本人の現金保有比率が高いことはよく知られていることではあるが、不動産や債券といったインカム重視の資産の比率も少なくなっている。

日本人の金持ちはなぜ現金を持つのか
こうしてみると、「日本人は利子や配当が好き」という見方もあるものの、同調査の結果だけを見ればそれも必ずしもそうとは言い切れず、「流動性」をもっとも重視していると言える。
とはいうものの、日本は一般的には治安や金融インフラも含めていわゆる「安全な国」であり、いつでも金融機関から現金を引き出すことができる。
加えて、よほどの新興国の株式市場の株式を購入していなければ株式等の売却も可能であろう。
ここまで流動性を重視する必要性があるのかは疑問が残るが、その他に考えられる背景としては、金融リテラシーが不足していること、高齢化が進み老後にどれくらいのお金が必要なのかわからない中「資産を減らしたくない」という思いが反映された結果かもしれない。


〜筆者の感想〜
確かに、日本円ほど安定している為替市場も早々なく、現金投資が最も安全で、効率よく利益を得ることができるように思われる。
今回の記事は1億円以上の資産を持つ「お金持ち」についてのみ言及されているが、富裕層に限定せず、日本人の投資先構成比を示しても面白いと思う。